12月 22

kernelの再構築で
kernel-2.6.31/linux-2.6.31/drivers/media/video/ivtv/ivtv-i2c.cの
640行目あたりの

kernel-2.6.31/linux-2.6.31/drivers/media/video/ivtv/ivtv-i2c.c

const unsigned short addr_list [] ={
    0x1a,  /*  Hauppauge IR external    */
    0x18,  /*  Hauppauge IR internal     */
    0x71   /*  Hauppauge IR (PVR150) */

0x1a, をコメントアウト -> //0x1a

その後再構築すること…8時間。。。。
再構築されたkernelをインストールし、
grubで 2.6.31.6-166を選択(構築したカーネル)

何も設定せずにいきなり
mplayer /dev/video0
を呼び出したときのdmesg

ivtv: Start initialization, version 1.4.1
ivtv0: Initializing card 0
ivtv0: Autodetected I/O Data GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2W (dual tuner) card (cx23416 based)
ivtv 0000:04:01.0: PCI INT A -> GSI 22 (level, low) -> IRQ 22
ivtv0: Unreasonably low latency timer, setting to 64 (was 32)
saa7115 3-0021: saa7115 found (1f7115d0e100000) @ 0x42 (ivtv i2c driver #0)
tuner 3-0043: chip found @ 0x86 (ivtv i2c driver #0)
tuner 3-0060: chip found @ 0xc0 (ivtv i2c driver #0)
upd64031a 3-0012: chip found @ 0x24 (ivtv i2c driver #0)
upd64083 3-005c: chip found @ 0xb8 (ivtv i2c driver #0)
wm8739 3-001a: chip found @ 0x34 (ivtv i2c driver #0)
vp27smpx 3-005b: chip found @ 0xb6 (ivtv i2c driver #0)
IRQ 22/ivtv0: IRQF_DISABLED is not guaranteed on shared IRQs
ivtv0: Registered device video0 for encoder MPG (4096 kB)
ivtv0: Registered device video32 for encoder YUV (2048 kB)
ivtv0: Registered device vbi0 for encoder VBI (1024 kB)
ivtv0: Registered device video24 for encoder PCM (320 kB)
ivtv0: Initialized card: I/O Data GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2W (dual tuner)
ivtv: End initialization
ivtv 0000:04:01.0: firmware: requesting v4l-cx2341x-enc.fw
ivtv0: Loaded v4l-cx2341x-enc.fw firmware (376836 bytes)
ivtv0: Encoder revision: 0x02060039

ちなみに

yum install ivtv-firmware ivtv-utils v4l2-tools xorg-x11-drv-ivtv


インストールしてあります。

Tagged with:
12月 11

クリーンインストールした状態で、
視聴するためのmplayerをインストール。
デフォルトではインストールできないため、rpmforgeからもってくる。

root #wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
root #rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
root #rpm -i rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.*.rpm
root #yum install mplayer

つぎはivtv0.8.2の作業

root #mkdir ivtv
root #cd /usr/local/src/ivtv
root #wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/saa7115p.tar -O saa7115.c
root #wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/tvaudiop.tar -O tvaudio.c
root #wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/kbuil082.tar -O Kbuild
root #wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/archive/0.8.x/ivtv-0.8.2.tar.gz
root #tar xvfz ivtv-0.8.2.tar.gz
root #cp *.c ivtv-0.8.2/i2c-drivers/
root #cp Kbuild ivtv-0.8.2/i2c-drivers/
root #cd ivtv-0.8.2
root #make
root #make install
root #cp i2c-drivers/saa7115.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/media/video/
root #cp i2c-drivers/tvaudio.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/media/video/

つぎにGV-MVP/RX2のドライバをCDからではなく
バージョンの新しい http://www.ivtvdriver.org/ を利用する。

root #cd /usr/local/src/ivtv/
root #wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ivtv-firmware-20070217.tar.gz
root #tar xvfz ivtv-firmware-20070217.tar.gz
root #cp -p v4l-cx2341x-* /lib/firmware/
root #chmod 744 /lib/firmware/v4l-cx2341x-*
root #depmod -a

これでおしまい。
最後にGV-MVP/RX2を認識させ、動作確認を行う。

root #modprobe i2c-core
root #modprobe i2c-algo-bit
root #modprobe tuner
root #modprobe saa7115
root #modprobe videodev
root #modprobe upd64031
root #modprobe upd64083
root #modprobe ivtv tuner=46 ntsc=j
root #chmod go+rw /dev/video0

とりあえず12chでも映してみる。

root #ivtv -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 12
root #mplayer /dev/video0 -cache 8192

自分はコンポジット(黄、赤、白の入力)も使うので、

root #v4l2-ctl -d /dev/video0 -i 2
root #mplayer /dev/video0 -cache 8192
Tagged with:
8月 07

Fedora 10でiTunesサーバのデーモンをいれてみた。

yum mt-daapd installで入るのだけど、
日本語が文字化けするので、
http://sourceforge.net/projects/mt-daapd/files/mt-daapd/mt-daapd-0.2.4.2.tar.gz/download

http://ouchi.nahi.to/%7Ekaidempa/mt-daapd/mt-daapd-0.2.1.1-cp932-3.patch
を取得して
patch -p1 ./mt-daapd-0.2.4.2 <./mt-daapd-0.2.1.1-cp932.patch にパッチをあて、 ./configure --enable-sqlite3 SQLLiteを有効にして、コンフィグ make make install をする そして、 /usr/sbin/mt-daapd を ./daapd-0.2.4.2/src/mt-daapd と差し替え /etc/mt-daapd.confを編集して service mt-daapd start で開始する。 ---------VPN利用者向け----------------------------- たぶん、iTunesを起動するとFedoraXというサーバが見えているはず。 VPNの疎通確認で、coroboxが生きていればストリーム配信されます。

Tagged with:
5月 15

yum -y install vnc vnc-server

vi /etc/sysconfig/vncservers
#VNCSERVERS=”1:username”
コメントアウトを削除
VNCSERVERS=”1:<利用するユーザ名>”

#VNCSERVERARGS[2]=”-geometry 1024×768 -nolisten tcp -nohttpd”
コメントアウトを削除+1024×768の解像度
VNCSERVERARGS[2]=”-geometry 1024×768 -nolisten tcp -nohttpd”

su <利用するユーザー名>
vncpasswd

<確認のためもう一度>

chkconfig –add vncserver
service vncserver start
(/etc/rc.d/init.d/vncserver start)

1:<ユーザー名> [ OK ]
とでたら、
service vncserver stop
(/etc/rc.d/init.d/vncserver stop

su <利用するユーザー名>
cd
vi .vnc/xstartup
twm &
コメントアウト
#twm &
以下追加
export LANG=”ja_JP.utf-8″
export LC_TYPE=”ja_JP.utf-8″
export XMODIFIERS=”@im=scim”
export GTK_IM_MODULE=”scim”
export QT_IM_MODULE=”scim”

scim -d &
gnome-session &

特に、キーボードの配列がおかしい時、「:」などは
以下の設定でなおる。

Tagged with:
4月 23

Windowsで普段利用しているデバイスマネージャ

だが、いざLinuxを使うとなると子のデバイスマネージャがなくて、VGAやオーディオなどのチップセットや
マザーボードの型番を確認できなくて困ってないだろうか?

そんな方におすすめのソフト
その名も device-manager
yum install gnome-device-manager
でアプリケーション>システムツール>device managerがインストールされる

Tagged with:
12月 22

FedoraでQt4-X11を入れてみました。

とりあえず標準環境でQt4をソースからインストールしてみました。
まず公式サイトからqt-x11-opensource-src-4.4.3.tar.gzをDLして来てください。

yum install gcc-c++
yum install xlibs-dev
yum install libXext-devel
yum install phonon

をインストールしておいてください。
./configureを叩いて
gmake
gmake install

で完成

簡単でしょ

Tagged with:
5月 28

yum -y groupinstall ‘Japanese Support’ –exclude=xorg-x11-server-Xorg

(1/19): man-pages-ja-20080315-1.fc9.noarch.rpm | 5.1 MB 00:07
(2/19): imsettings-libs-0.99.6-4.fc9.i386.rpm | 42 kB 00:00
(3/19): scim-libs-1.4.7-23.fc9.i386.rpm | 411 kB 00:00
(4/19): kde-l10n-Japanese-4.0.4-1.fc9.noarch.rpm | 2.5 MB 00:00
(5/19): VLGothic-fonts-proportional-20071215-2.fc9.noarc | 2.3 MB 00:02
(6/19): scim-lang-japanese-1.4.7-23.fc9.i386.rpm | 25 kB 00:00
(7/19): im-chooser-0.99.6-4.fc9.i386.rpm | 158 kB 00:00
(8/19): anthy-9100e-2.fc9.i386.rpm | 6.6 MB 00:07
(9/19): kdelibs-4.0.4-4.fc9.i386.rpm | 12 MB 00:02
(10/19): kasumi-2.3-4.fc9.i386.rpm | 87 kB 00:00
(11/19): fonts-japanese-0.20061016-13.fc9.noarch.rpm | 22 MB 00:06
(12/19): sazanami-fonts-mincho-0.20040629-4.20061016.fc8 | 5.5 MB 00:05
(13/19): scim-bridge-0.4.15-5.fc9.i386.rpm | 100 kB 00:00
(14/19): scim-anthy-1.2.4-4.fc9.i386.rpm | 344 kB 00:00
(15/19): scim-bridge-gtk-0.4.15-5.fc9.i386.rpm | 40 kB 00:00
(16/19): scim-1.4.7-23.fc9.i386.rpm | 563 kB 00:01
(17/19): sazanami-fonts-gothic-0.20040629-4.20061016.fc8 | 4.3 MB 00:04
(18/19): imsettings-0.99.6-4.fc9.i386.rpm | 80 kB 00:00
(19/19): kde-i18n-Japanese-3.5.9-5.fc9.noarch.rpm | 1.4 MB 00:02

yum install im-chooser
yum install scim-lang-japanese

yum groupinstall japanese-support<--ERROR Check!!

Tagged with:
8月 15

まずマザーボードが
WakeupOnLan(以降WOLに対応しているか確認して)
BOISなどで Power か Boot関係のところで
WokeupOnLanをEnableにして、

XPの場合デバイスマネージャーから
ネットワークカードのプロパティから
電源の管理のタブで
このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする
をチェックを入れてください

この状態ですとコンピュータに何らかの信号がLANからあれば起動してしまいます

つまり2,3台ありほかのパソコンでインターネットした瞬間起動したり
まったく何もしてなくても勝手にまたはすぐに復帰することもあります

そこで、
管理ステーションのみで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする
にチェックを入れるとおさまります

たぶんWindowsからWakeupするなら問題ないでしょうが
今回はLinuxからということで

Linux にはwakeuponlanというrpmをインストールし、

wakeuponlan -i (IPアドレス) (MACアドレス)

とすれば起動するかと思いきや
起動しませんw

管理ステーションのみで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにするを
チェック入れない状態ですと
動きます

この管理ステーションとはWindowsのワークグループ内にあるパソコンから
Wakeupコマンドがあればという意味で

通常LinuxではWindowsのワークグループには属していません

そこで
sambaというファイルサーバーにより強制認識させてやります。

まず
yum install samba
でsambaをインストール後

vi /etc/samba/smb.conf

で、
[global]

workgroup=(そのパソコンのワークグループに設定)

例えば
workgroup=Workgroup

で、ファイヤーウォールでsambaをあけてやり

service smb start

とすると認識するかもしれませんが
これでも認識しない場合

service nmb start
service winbind start

を実行してください
これでワークグループに強制認識できたはずです

そしてデバイスマネージャーのネットワークのプロパティーの電源の管理で、
管理ステーションからのにチェックをいれていても

Linuxからwakeupできるはずです。

Tagged with:
2月 12

学校用(Panasonic CF-W4)にFedoraCore6(以下FC6)をのせ
kernel(2.6.19-1.2895.fc6)で無線LANを構築しようと思う。

何もない状態でFC6をいれた状態で無線LANを使用しても何もできず、
[ipw2200デバイスipw2200は存在しないようですので、初期化を遅らせます] してERROR扱いになってしまいます。

ここからはmobtが構築したメモなので
Kernelのバージョンやieee80211 ipw2200などが違えば動かないかもしれませんが
ご了承ください。

とりあえずあまりパッケージは好きではないのだが
ソースファイルからやるには知識がないので

ここではパッケージを利用した構築方法で行う。
まずは
uname -r
でkernelのバージョンを知ってほしい。
そして

yum install kernel-devel

も完了させた状態にしておく。

始めにhttp://atrpms.net/dist/common/ipw2200-firmware/から
ipw2200-firmware-3.0.9.at.noarch.rpm

http://atrpms.net/dist/fc6/ieee80211/から
ieee80211-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
ieee80211-devel-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
ieee80211-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.16-17.fc6.at.i586.rpm
ここでの1.2.16-17が今回のieee80211のバージョンになる
そのためdevelやkmdlのバージョンも一致しないと動かないので注意して欲しい。
またFC6のほとんどがi386やi586系である(i686も可)のでこれ以外を使用すると
うまくいかないこともある。

http://atrpms.net/dist/fc6/ipw2200/から
ipw2200-1.2.0-45.1.fc6.at.i386.rpm
ipw2200-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.0-45.1.fc6.at.i686.rpm

を入手

rpm -i ipw2200-firmware-3.0.9.at.noarch.rpm
rpm -i ieee80211-devel-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
rpm -i ieee80211-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.16-17.fc6.at.i586.rpm
rpm -i ieee80211-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
rpm -i ipw2200-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.0-45.1.fc6.at.i686.rpm
rpm -i ipw2200-1.2.0-45.1.fc6.at.i386.rpm

これで
ifup eth1(無線LANのデバイス名)
で起動できればOK

iwconfig eth1
で詳細な情報や、
iwconfig scan eth1
でスキャンもできる。

Tagged with:
12月 08

yum をUPDATEしていたらERRORを吐いた

ERROR: python-devel conflicts with python < 2.4.4-1.fc6 yum でremoveしてinstallしなおしてみたが 結果は変わらず。。。 でいろいろ調べた結果 キャッシュデータにエラーがあることが判明 yum clean all これでなおった

Tagged with:
1 / 212
preload preload preload