3月 18

手持ち曲が50GBを超えるか超えないかぐらい持っていると

もう何がなんだか分からなくなってきますので

サーチシステムを自作したんですが

まぁ経過は
1.東京電機大の研究生某氏とあい、その人の曲検索システムに影響を受け開発開始
2.とりあえず言語はPHPで開発(PHP にはオプションでID3tagを読む機能があったので)
3.ツリー構造(フォルダー)をそのまま読み込むプログラミング完成(CodeName:FMS[File Manager System])
4.PostgresSQL=>Mysqlに移行
5.入れておいたDBからリストするプログラミング完成(CodeName:MQL[Mysql Query List])
6.DBより検索する機能を追加し、クエリーの負荷を減らし、
目的検索をできるようにした。(CodeName:MPS[Mysql Part Search])
7.日本語対応とURLエンコード&デコードを使い 日本語を完全にサポート
8.ちまちまとデータをfmsから登録
9.MP3のファイル名を TrackNo – TrackName .mp3 に統一
10.ID3Tag を ID3v2.3 を採用
11.Ajaxの導入によりMPSの入力中に検索をかけるシステム完成
12.MQL内での検索システムを開発し、同じものをリストにするシステム完成
13.MQLの半角スペースによる複数の人数のアーティストから個別のリストを出力できるようにした
14.アルバムにアニメを関連づけ
15.アニメにkanaをつける事でローマ字による検索システム完成
16.レート、プレイ回数などの項目追加
17.Amazonカバーを取得するCGI開発=>完成
18.MPSを一部グラフィカルにした
19.ジャケット・アルバム名・アーティストのみ出力するテーブルシステム管制
(CodeName:MQJL [Mysql Query Jacket List])
20.AとSにDBを分類しアニメ と声優に分けた
21.PHPのID3関数が使い物にならないので自作(一部バグあり)
とまぁこんな感じで作ってた訳ですが
今日さらに

一部DAMのリクエストNoに対応させました(MSS for S)

ただ、自分の中で
声優個人が出すCDのみしか入っていないが

まぁざっとアーティスト90名、アルバム101枚、総曲数860曲もあり

とりあえずこれからSの方にまだ入れてないものを入れていこうかと思います

Tagged with:
11月 05

ようやくID3Tagを読み込むことができ、
ローマ字のID3ならもう完成品なんですが

Shift_Jisが読めなくて。。。文字化けwwww

だれか助けてww

Tagged with:
10月 09

autoconfをインストール

#wget http://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.58.tar.gz
#tar xvfz autoconf-2.58.tar.gz
#cd autoconf-2.58
#./configure
#make
#make install

automakeをインストール

#wget http://ftp.gnu.org/gnu/automake/automake-1.9.6.tar.gz
#tar xvfz automake-1.9.6.tar.gz
#./automake-1.9.6
#./configure
#make
#make install

libtoolをインストール

#wget http://ftp.gnu.org/gnu/libtool/libtool-1.5.18.tar.gz
#tar xvfz libtool-1.5.18.tar.gz
#cd libtool-1.5.18
#./configure
#make
#make install

Pearを経由してID3-Tagを取得

#cd (ダウンロード先)
#pecl download id3-0.2
#tar xvf id3-0.2
#mv id3-0.2 id3
#mv -r id3 (PHPソース)./ext/
#cd (PHPソース内)
#make clean
#./buildconf --force
#vi ./config.nice

— vi editer —
最後から2行目に
‘–enable-id3’
を追加

#./config.nice
#make
#make install
#cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini
phpinfo();

でID3を確認

Tagged with:
preload preload preload