12月 22

kernelの再構築で
kernel-2.6.31/linux-2.6.31/drivers/media/video/ivtv/ivtv-i2c.cの
640行目あたりの

kernel-2.6.31/linux-2.6.31/drivers/media/video/ivtv/ivtv-i2c.c

const unsigned short addr_list [] ={
    0x1a,  /*  Hauppauge IR external    */
    0x18,  /*  Hauppauge IR internal     */
    0x71   /*  Hauppauge IR (PVR150) */

0x1a, をコメントアウト -> //0x1a

その後再構築すること…8時間。。。。
再構築されたkernelをインストールし、
grubで 2.6.31.6-166を選択(構築したカーネル)

何も設定せずにいきなり
mplayer /dev/video0
を呼び出したときのdmesg

ivtv: Start initialization, version 1.4.1
ivtv0: Initializing card 0
ivtv0: Autodetected I/O Data GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2W (dual tuner) card (cx23416 based)
ivtv 0000:04:01.0: PCI INT A -> GSI 22 (level, low) -> IRQ 22
ivtv0: Unreasonably low latency timer, setting to 64 (was 32)
saa7115 3-0021: saa7115 found (1f7115d0e100000) @ 0x42 (ivtv i2c driver #0)
tuner 3-0043: chip found @ 0x86 (ivtv i2c driver #0)
tuner 3-0060: chip found @ 0xc0 (ivtv i2c driver #0)
upd64031a 3-0012: chip found @ 0x24 (ivtv i2c driver #0)
upd64083 3-005c: chip found @ 0xb8 (ivtv i2c driver #0)
wm8739 3-001a: chip found @ 0x34 (ivtv i2c driver #0)
vp27smpx 3-005b: chip found @ 0xb6 (ivtv i2c driver #0)
IRQ 22/ivtv0: IRQF_DISABLED is not guaranteed on shared IRQs
ivtv0: Registered device video0 for encoder MPG (4096 kB)
ivtv0: Registered device video32 for encoder YUV (2048 kB)
ivtv0: Registered device vbi0 for encoder VBI (1024 kB)
ivtv0: Registered device video24 for encoder PCM (320 kB)
ivtv0: Initialized card: I/O Data GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2W (dual tuner)
ivtv: End initialization
ivtv 0000:04:01.0: firmware: requesting v4l-cx2341x-enc.fw
ivtv0: Loaded v4l-cx2341x-enc.fw firmware (376836 bytes)
ivtv0: Encoder revision: 0x02060039

ちなみに

yum install ivtv-firmware ivtv-utils v4l2-tools xorg-x11-drv-ivtv


インストールしてあります。

Tagged with:
10月 24

たまにプロフィールで、PCを7台持っているというと驚かれるんですけど。。。

実際に持ってるから仕方ない。w

とりあえず、今週、サーバ用のHDDを大学のLet’sノートから拝借して、
大学のLet’sノートは、HDD交換時にキーボードがグシャッって

先週の木曜日に、最後のLet’sノート定期検診が大学であったので、
サーバを水曜日にとめて、HDDをLet’sノートに戻して、

検診とキーボードの修理を同時に行い、
昨日Let’sノートが帰ってきたので、即効Let’sノートからHDDを取り出し
サイズの大きなHDDをつんで、元のHDDをサーバに突っ込んで、

復元イメージを流したけど。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

復元できなかった。。。。。。。orz
(詳しく言うと、MBRとかSwapのパーティションの順番が壊れてたりとか)

でまぁ、仕方ないので、
1からインストールするんですけど。。。。。。。。

サーバはFDブートかHDDブートしかできません!!!!!!!!!!!
別にCD-ROMの外付けがないとかそういうわけじゃなくて、、、、

サーバが古すぎるだけw。
だって、Think Pad 570ですよ。

発売は1999年wwwwwwwちなみに今は2009年

10年たっても現役ですよ!!!!!!!!!!

1年ごとにFedoraも更新されていくから覚えやすいが、
今度の11はインストールの曲者だからペンディング
12に期待w

ともあれ、サーバ用のHDD、復元もできなければ、ブートもできないわけで
力技を使ったインストールができないわけで。。。。。。。。。。。。。。

1日格闘w

いや、もうCDブートとか勘弁してください。。。。

FDとか埃だらけで、ダイソーで耳かきを購入。
ぼんぼりで、中の埃を。。。。。ゲフォゲフォと塊がでてくるw

FD自体も年々ぶりかに発掘w

まず、WindowsでGrubをFDに焼き付けたものの。。。。。
HDDの中身も壊れているようで、マウントさえできない。。。。。。

で、今に至る。。。。。。。。

結局、内臓HDDを外付けUSBとして、別のPCでFedoraをインストールしたものの、
サーバーに戻すといろいろ不具合がでるので、

空きのパーティションにDiskデータを流し込み、
インストールしたPCでgrubのmenu.lstを書き換え、
空きパーティションのDiskからインストールできるように書き換える

title installer
root (hd0,2) //ハードディスクの接続番号とパーティションの位置は各自で合わせてください
kernel /isolinux/vmlinuz
initrd /isolinux/initrd.img

さて、うまくインストールできるかな?

って結局orz….

最終的に以前やったNFSサーバを利用したインストール方法でインスト中

Tagged with:
10月 05

こんばんは、この一週間ブログがとまっていたわけを説明します。

まず、今週の火曜日に大学の研究室でUSBにUbuntuを入れる作業がありました。
そして、通常ならBIOSなどでUSBからUbuntuを起動させれば良いのですが
MacにはBIOSがありません。

そこで、Fedoraxの長き戦いが始まった。

まず、Windowsのパーテーションを消し、BootCampで一度1つのパーテーションに戻してやります。
そしてその後新たにWindowsのパーテーションを作ります。

これによってWindows用の新しい場所ができるのですが問題はUbuntuをどうやって起動させるかです。
現在USBのUbuntsuの中には同時にGrubというブートローダがインストールされてあり、
そこをBIOSは呼んでUbuntuを起動しているのですがEFIにはそれはできません。

そこでUSBの一部にHFS+でフォーマットしたUSBを別途に用意してください。
大きさは125MBのUSBで十分足ります。

そこにrEFItをダウンロードしてきて
efiのフォルダーをUSBにコピーします。
そしてそのなかのenable.shをコンソールから実行します。
このとき管理者のパスワードが聞かれます。

これでUSBからGrubにアクセスすることが可能になりましたが、
実はこれは内臓のHDDのGrubにアクセスするので

内臓のHDDになにかしらのLinuxをいてれ上げなければなりません。
つまりMacでWindowsとLiunxを起動させることのできる環境を作ってあげるのです。

では、先ほどbootCampでパーテーションを作りましたが、
今度はディスクユーティリティーでLinux用のパーテーションを
Macのパーテーションから一部削る感じで作ってあげてください。

8GBもあれば十分です。

そのご、Windowsのインストールディスクを入れて、Windowsのインストールをします。
Windwosが入ったら今度はLinuxのパーテーションにLinuxを入れるのですが

ここで注意が必要です。

多分どのOSにもGrubをインストールできるのですが、
絶対に/dev/sdaを指定しないでください。
指定するとWindowsが起動しなくなります。

私はFedoraをインストールしたのですが、Grubのブートローダを選択するときに
高度な設定にチェックを入れると
/dev/sda3
というところにインストールができるようになります。

これでLinuxのインストールが終了したら、再起動で
今度は先ほど作ったrEFItのはいったUSBをさしてOptionキーを押し続け
USBを選択します。

そのご、Windowsを選択するのですが

ここで、必ずautochk not Foundとでで、勝手に再起動がかかります。
また、もしこの文を無視して
ブートローダで/dev/sdaを指定してしまった場合

cキーを押すとコマンド入力の画面になり
rootverify (hd0,2)
chainloder +1
boot
とすればWindowsが起動できるのですが、

これでもautochk not found
また、セーフティーモードでは起動できず

回復コンソールでfixするとさらに自体が悪化するのでやめましょう。

解決策は
USBのrEFItからLinuxを起動します。
その後、アクセサリーの端末、またはコンソールから
fdisk /dev/sda
と入力してあげます
すると
choose 〜 (m for help)
ときかれるので
tと入力し
次に4と入力します。

その後ラベルIDを聞かれるのでLをおして
WIN95 FAT32 (LBA)を探しその前に書かれているアルファベットを入力します
(多分 c)

その後 wを入力して再起動をかけると直ります。

これは、Linuxを入れたときにWindowsのフォーマットがおかしく
認識されてしまい、CドライブにインストールしてあるはずのWindowsが
ほかのパーテーションまたはフォーマット形式がわからなくなるからです

あとはLinuxで/をたたき
フォルダーを作ります。
(例:bootusb)
この中に先ほど作ったUSBLinuxをさし、その中の/bootの中身をコピーして
放り込んでください。
つぎにその中のgrubを開き
menu.lstまたはgrub.confを開きます。
そこに書いてあるTitleから下のとことをすべてコピーして閉じます。
そしたら、今度はHDDの/boot/grubをひらき
その中のmenu.lstまたは、grub.confを開き

一番下に貼り付けてください。
そして、貼り付けた部分の
kernel /vmlinuz
initrd /initrd

bootusbというフォルダにしたなら
kernel /bootusb/vmlinuz
initrd /bootusb/initrd

としてやれば次回のgrubが開いたときにUSBが刺さっていれば起動するはずです。

Tagged with:
4月 07

やってくれましたね

Vista

WindowsXPの起動ができなくなりましたw

とりあえずバックアップ関係も兼ねて

今回初 シリアルATAのSeagate 320GBを8900円で購入

しかもメーカー5年保障w

よく壊す俺にはもってこいの価格www

帰る際に店員に今回の現象を聞いてみると

直接サポートセンターに連絡したほうが早いでしょうね といわれたので

電話を片手に15分・・・・いや長いよ

やっとつながり Vistaのラインセンス問題になっている

インストールが1回しか行えないことを聞いてみると

とりあえず今回やってみて だめでしたら電話いただけるとすぐにサポートしますということなので一安心

ただ、やはりVistaで起動はできるがXPがぜんぜんだめw

どうやら今回からブートローダも新しくなりそのせいだと言う

そしてアドバイスとして(ここ重要!!!

XPをいれてなおかつVistaを入れたい場合は

XPを起動してVistaのDVDを入れてインストールを開始するらしい

(やはりMy糞はgrubのようにOSを探すことが無理なようだ)

Tagged with:
10月 20

grub はとりあえず解決…
どうやらstage2がERRORを起こしていたに違いない

解決させた方法は
正常に動くgrubを用意し
壊れたgrubを再インストールさせるのが手っ取り早いです

インストール先はよくhd0 と書いてありますが
これは1つのHDDまるまるLinux専用に使っている人に限ります

というのはgrubはLinuxの入ってるパーテーションで動くからです
自分の場合とてもややこしく
hda0 (20G) WindowsXP
:
hda5 (10G) Fedora

とたくさんパーテーションを切っているので
たぶん
grub>root (hd1,0) [正常のHDDがhd0 壊れたgrunのHDDをhd1とする]
grub>setup (hd1) としても
ERROR 13 と帰ってくるはずです

ので必ずLinuxのつんであるパーテーション
grub>root (hd1,5)
grub>setup (hd0)
としてやればうまくいきます

コピーされるのはgrubのローダーだけらしく
menu.lstは上書きされない模様・・・

Tagged with:
10月 20

現在、パソコンたちによる猛烈の反抗期を食らっています。www

というのも学校用のノート型パソコンが
SpybotとAdwareでWindowsの設定ファイルをスパイだと誤認識して
隔離はしたものの 修復し、再起動かけたら
Windowsファイヤーウォールが不明なエラーを吐いている・・・

またCoroboxはWindowsで拡張パーテーションの上に80GBのFATフォーマットで
作ろうと思ったら作らしてくれず。。。

学校でもらったKNOPPIXでQtpartedを使って作ってやったら
Grubがエラーを吐いたので
仕方なしにさっき作ったパーテーションを消したら
今度は

Grub の無限ループ・・・

HDD(120GB)にFC4を入れていたので無理やりGrubを立ち上げ、
コマンドでFC4は立ち上がるもののWindowsはエラーを起こしている模様…

とりあえずFC4で再度Grubを再インストールしようとすると
The stage2 not read correctly

やはりOSごと再インストールしないといけないのか?。。。

とりあえず土曜日は一日反抗期を撲滅させるため
寝れなそうだ

Tagged with:
preload preload preload