12月 22

kernelの再構築で
kernel-2.6.31/linux-2.6.31/drivers/media/video/ivtv/ivtv-i2c.cの
640行目あたりの

kernel-2.6.31/linux-2.6.31/drivers/media/video/ivtv/ivtv-i2c.c

const unsigned short addr_list [] ={
    0x1a,  /*  Hauppauge IR external    */
    0x18,  /*  Hauppauge IR internal     */
    0x71   /*  Hauppauge IR (PVR150) */

0x1a, をコメントアウト -> //0x1a

その後再構築すること…8時間。。。。
再構築されたkernelをインストールし、
grubで 2.6.31.6-166を選択(構築したカーネル)

何も設定せずにいきなり
mplayer /dev/video0
を呼び出したときのdmesg

ivtv: Start initialization, version 1.4.1
ivtv0: Initializing card 0
ivtv0: Autodetected I/O Data GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2W (dual tuner) card (cx23416 based)
ivtv 0000:04:01.0: PCI INT A -> GSI 22 (level, low) -> IRQ 22
ivtv0: Unreasonably low latency timer, setting to 64 (was 32)
saa7115 3-0021: saa7115 found (1f7115d0e100000) @ 0x42 (ivtv i2c driver #0)
tuner 3-0043: chip found @ 0x86 (ivtv i2c driver #0)
tuner 3-0060: chip found @ 0xc0 (ivtv i2c driver #0)
upd64031a 3-0012: chip found @ 0x24 (ivtv i2c driver #0)
upd64083 3-005c: chip found @ 0xb8 (ivtv i2c driver #0)
wm8739 3-001a: chip found @ 0x34 (ivtv i2c driver #0)
vp27smpx 3-005b: chip found @ 0xb6 (ivtv i2c driver #0)
IRQ 22/ivtv0: IRQF_DISABLED is not guaranteed on shared IRQs
ivtv0: Registered device video0 for encoder MPG (4096 kB)
ivtv0: Registered device video32 for encoder YUV (2048 kB)
ivtv0: Registered device vbi0 for encoder VBI (1024 kB)
ivtv0: Registered device video24 for encoder PCM (320 kB)
ivtv0: Initialized card: I/O Data GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2W (dual tuner)
ivtv: End initialization
ivtv 0000:04:01.0: firmware: requesting v4l-cx2341x-enc.fw
ivtv0: Loaded v4l-cx2341x-enc.fw firmware (376836 bytes)
ivtv0: Encoder revision: 0x02060039

ちなみに

yum install ivtv-firmware ivtv-utils v4l2-tools xorg-x11-drv-ivtv


インストールしてあります。

Tagged with:
11月 16

型番:IBM Think Pad 570
CPU:Intel Pentium II 333MHz
RAM:64MB
HDD:10GB
OS:Fedora Core 10
Service:HTTP,FTP,BIND,SSH2,IMAP,ext…

1318715135_34

Tagged with:
11月 16

型番:COMPAQ PRESARIO 3505
CPU:Intel Celeron 400MHz
RAM:256MB
HDD:40GB or 10GB
OS:FeroraCore3 or Windows 98
Service:Apache,PostgresSQL,MySQL,POP3,SMTS,BIND,FTP,SSH2,SHOUTcast,ext….

life_q1

Tagged with:
11月 16

型番:Panasonic Let’s note CF-W4
CPU:Intel Pentium Cereron 1.2GHz
RAM:512MBx2
HDD:160GB
OS:Windows 7 professional FedoraCore10
周辺機器:DVD-ROM/CD-R/CD-RW/CD-ROM IntelPRO/Wireless2915ABG,SD-Slot,ext…

124109869_1
(Kait 専用モデル)

Tagged with:
11月 16

型番:Mac Book (MA701J/A)
CPU:Intel Core 2 Duo(2.0GHz)
RAM:1GB x2
HDD:320GB
周辺機器:標準
OS:Mac OSX 10.6.2 Windows XP SP3 Fedora Core 10

01-20TS370587.JPG

Tagged with:
11月 16

型番:自作
MotherBoard:MSI 865G Neo2-P
CPU:Intel Pentium 4 2.8GHz
RAM:512MBx2
HDD:40GB+250+160
OS:Fedora 10
周辺機器:DVD-ROM/CD-R/RW/ROM

tvpc

Tagged with:
11月 16

モデル:自作PC
Mother Board:P5B-DE
CPU:Cerelon D 336 (2.8GHz)
RAM:2GBx1 1GBx3
HDD:500GB x3
VRAM:Geforce 7300GS
DC:Hummer Power 350W/24Pin
PC-Case:Scythe 9-BAY ATX
PCI:PV4 GV-MPG/RX2 PT2
OS:Windows7 Enterprise 64bit Windows XP SP3 Fedoracore 10

Crystal

Tagged with:
6月 27

最近流行の仮想

実装だとできないこと仮想を行う

ということで構築してみました。

やっぱりイメージは大切だよな

ってまぁ意味不明な日記ですいません
もっと詳しく説明しますね

今回の仮想とは仮想でパソコンを作るというか動作させるというか
なんにせよ1台のパソコンで2台分のwindowsなりLinuxを動かすということで
単純にお金があればもう一台パソコンを購入してやればいいんだけど。

最近多いのが研究などでLinuxという別のOSを使って研究しながら
Windowsでレポートを書くなどさまざまな使い方ができる。

でも仮想環境での利点は危険が少ないということ。

実装環境でウイルスなり危険な動作を行うとパソコンが壊れてしまう
しかし仮想環境でウイルスを実行したとしてもOSなどの破壊は
簡単に修復できてしまう。

だって仮想だもん

まぁ夢の中でウイルスによって夢を壊されたとしても

人間自体には影響もないし、また寝れば夢をみれる
見たいな感じで、手軽に扱うこともできる

さらに、仮想とはいえどそれを実行しているものは一応存在する
その実物のコピーをとっておけば、たとえウイルスで、OSが破壊されたとしても
以前のコピーでいくらでもクローンをつかってもとの状態に修復できる優れもの。

とりあえず今回はFedora Core 7(Linux)をホストとしていろいろ入れてみようと思う。
なぜFedora Core 7にしたかというと、
現在 Fedora Core 9までリリースされているが日本語問題がFedora Core 8,9では多すぎる
そういう面を考えると今までで一番安定していたのがFedora Core 7だったからである。

では、別にWindowsでもいいんじゃないの?ってことだが
今回の目的はルーティングも絡んでいる。

特にパケットの中身を見たりCPUやメモリのログをとるにはLinuxのほうがやりやすい

そういう面をトータルで見るとやっぱりFedora Core 7なんだよな。

あと、UbuntsuやDebianがという人もいるだろうが俺ははじめからFedora派だ
ただ、せっかく仮想ができる環境を作ったのでDebian、Ubuntsu、Gentooなども入れてみたいと思う。

あと、P2Pの開発も仮想でやってみようかな

Tagged with:
5月 08