8月 19

今回 PostresSQLとともに MYSQLも導入してみました

まずMySQLの公式ページよりソースファイルを取ってきます
(一番下にある Tarball (tar.gz) のパックをダウンロードします。)

wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.0/mysql-5.0.11-beta.tar.gz/from/http://download.softagency.net/MySQL/

tar xvfz mysql-5.0.11-beta.tar.gz
cd mysql-5.0.11-beta
./configure --with-charset=utf8 --with-extra-charsets=all
--with-mysqld-user=mysql --prefix=/usr/local/mysql
(EUC の場合 --with-charset=ujis)

make
make install

インストール終了後 mysql専用ユーザーを作成したほうが良いでしょう

groupadd mysql
useradd -g mysql mysql

mysqlユーザーでデータ-ベースの初期化を行います

/usr/local/mysql/bin/mysql_install_db --user=mysql

mysqlを起動します

/usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &

mysqlのadministrator(root)とパスワード(xxxx)を設定します

/usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password xxxx

(xxxx は変更をしてください)

mysqlの終了を行います

mysqladmin -u root shutdown -p
Enter password: (mysqladmin で設定したパスワード)
Tagged with:
8月 12

ご存知の人もいるかもしれませんが
CGIダウンロードセンターの「レス付き画像掲示板 imgboard (フリーウェア)」
を設置してるところも多く、「ここで張られている画像をすべて見れたらいいなぁ」
っと思う人もいるはず

そこで作った解析プログラムなんですが
必要なものが3つあります
・そこのサイトの掲示板ログ(デフォルトは file.dat)です
・Cpanから LWP::Simple のモジュールをインストールしてあること
・Perlが動く環境(Unix またはPerlをインストールしてあるWindows)

もしLWP::Simpleがない場合 以下のプログラムと同じところに配置してください
プログラム

#!/usr/local/bin/perl
use LWP::Simple;

$url="http://www.xxx.co.jp/cgi-bin/";#img-boxの上のディレクトリー
$file="$url/file.dat";
getstore($file,"./file.dat"); LWP::SimpleでFile.datをDL

open(F,"./file.dat");
@list=<F>;
close(F);
print "Content-type: text/html <html> <head> <title>IMGBOARD解析</title> </head> <body> ";

foreach(@list){
  ($subject,$name,$email,$date_data,$body,$img_location,$imgtitle,$new_seq_no,$t,$rmkey,$unq_id)=split(/ /,$_);
  if($img_location ne ""){
    s/.////g;
    print"$url$img_location<br> ";#アドレスだけ表示
    #print"<img src="$img_location"><br> ";#画像だけ表示
   }
  }
print "</body> </html> ";

で動くと思います

Tagged with:
8月 05

気がついた人はいると思いますが

トップページに RSS Feedを入れてみました

Tagged with:
8月 05

CPANの初期設定

#perl -MCPAN -e shell
あなたは既にマニュアルの設定を読みましたかって聞かれるので
Are you ready for manual configuration? [yes] Enter↓
CpanのBuildとCacheを行うフォルダーを設定(デフォルトは/root/.cpan)
CPAN build and cache directory? [/root/.cpan] Enter↓

Cache の最大サイズを指定(デフォルトは10MB)
Cache size for build directory (in MB)?[10] Enter↓

Cacheファイルを前もってスキャンするか(デフォルトは起動時)
Perform cache scanning (atstart or never)?[atstart] Enter↓

メタデータをCacheするか(デフォルトは はい)
Cache metadata (yes/no)? [yes] Enter↓
ターミナルの表現は ISO-8859-1を使うか Noを選ぶとUTF-8になる
  Your terminal expects ISO-8859-1 (yes/no)? [yes] no Enter↓

履歴ファイルの場所を指定(デフォルトは/root/.cpan/histfile)
File to save your history? [/root/.cpan/histfile] Enter↓

履歴の最大行数(デフォルトは100)
Number of lines to save? [100] Enter↓
前もって必要な設定の方法は?(デフォルトは ask)
Policy on building prerequisites (follow, ask or ignore)? [ask] Enter↓

ここからは場所を指定
Where is your gzip program? [/bin/gzip] Enter↓
Where is your tar program? [/bin/tar] Enter↓
Where is your unzip program? [/usr/bin/unzip] Enter↓
Where is your make program? [/usr/bin/make] Enter↓
Where is your links program? [/usr/bin/links] Enter↓
Where is your wget program? [/usr/bin/wget] Enter↓
Where is your ncftpget program? [] Enter↓
Where is your ncftp program? [] Enter↓
Where is your ftp program? [/usr/kerberos/bin/ftp] Enter↓
Where is your gpg program? [/usr/bin/gpg] Enter↓
What is your favorite pager program? [/usr/bin/less] Enter↓
What is your favorite shell? [/bin/bash] Enter↓

以下は特別なことをしない限り Enter↓ で抜ける
Parameters for the ‘perl Makefile.PL’ command?
Your choice: [] Enter↓

Parameters for the ‘make’ command?
Your choice: [] Enter↓

Parameters for the ‘make install’ command?
Your choice: [] Enter↓

Timeout for inactivity during Makefile.PL? [0] Enter↓
FTPプロキシの設定(デフォルトは使用しない)
Your ftp_proxy? Enter↓
HTTPプロキシの設定(デフォルトは使用しない)
Your http_proxy? Enter↓
プロキシーを使うか?(デフォルトは使用しない)
Your no_proxy? Enter↓

CPANから持ってくる大陸を指定
(1) Africa
(2) Asia
(3) Central America
(4) Europe
(5) North America
(6) Oceania
(7) South America
Select your continent (or several nearby continents) []2 Enter↓(アジアなので2)

CPANから持ってくるアジア大陸の国を指定
(1) China
(2) Hong Kong
(3) Indonesia
(4) Israel
(5) Japan
(6) Malaysia
(7) Philippines
(8) Republic of Korea
(9) Russian Federation
(10) Saudi Arabia
(11) Singapore
(12) Taiwan
(13) Thailand
Select your country (or several nearby countries) []5 Enter↓(日本なので 5)

CPANから持ってくる日本のURL
(1) ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/lang/CPAN/
(2) ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/lang/perl/CPAN/
(3) ftp://ftp.kddilabs.jp/CPAN/
(4) ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/lang/perl/CPAN/
(5) ftp://ftp.u-aizu.ac.jp/pub/CPAN
(6) http://ftp.cpan.jp/
Select as many URLs as you like (by number),
put them on one line, separated by blanks, e.g. ‘1 4 5’ []4 Enter↓
(どこでもいいですが 1.4.5が標準なので)

他のところからも持ってくるなら追加
Enter another URL or RETURN to quit: [] ftp://ftp.u-aizu.ac.jp/pub/CPAN Enter↓
Enter another URL or RETURN to quit: [] ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/lang/CPAN/ Enter↓
Enter another URL or RETURN to quit: [] Enter↓

で完了
cpan>
 となりますので
インストールの場合 install
ファイルの検索は i/ファイル名/
終了は quit
です

Tagged with:
8月 03

て今日はPHP4.4.0をインストールしたのでそのときの記録を報告します

wget http://jp.php.net/get/php-4.4.0.tar.bz2/from/this/mirror
tar xvfj php-4.4.0.tar.bz2
cd php-4.4.0
./configure –build=i386-redhat-linux –host=i386-redhat-linux –tar
get=i386-redhat-linux-gnu –cache-file=./config.cache –enable-force-cgi-redirect –with-g
d=shared –enable-gd-native-ttf –with-iconv –with-openssl=/usr/local/openssl –with-xml
–with-pgsql=/usr/local/pgpsql –enable-mbstring=shared –enable-mbstr-utf8-trans –enabl
e-mbregex –with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs –with-jpeg-dir=/usr –with-zlib-dir=/u
sr –with-xpm-dir=/usr –with-freetype-dir=/usr -with-zlib=yes –with-db4=/usr –with-pe
この./configureでERRORがでなかったので
make
make test ここでERRORは出るのですがこれはGccというコンパイルの問題なので気にしない
make install
cd /usr/local/src/php-4.4.0

このあとこないだのApacheの設定のため

LoadModule php4_module libexec/libphp4.so
AddType application/x-httpd-php php
AddType application/x-httpd-php-source phps

設定が終わったらApacheの起動

/usr/local/apache2/bin/apachectl start
Tagged with:
8月 02

今日はPostgreSQL8.0.3をインストールしました
Rootでインストールをしました。

wget ftp://ftp.jp.postgresql.org/source/v8.0.3/postgresql-8.0.3.tar.gz
tar xvfz postgresql-8.0.3.tar.gz
cd postgresql-8.0.3
./configure –enable-multibyte=EUC_JP shared
make
make install

インストールを完了したので

useradd postgres
passwd postgres
chow -R postgres /usr/local/pgsql
chmod -R 775 /usr/local/pgsql

でPostgresに権限を渡しました

次にPostgresにログインして
vi /home/postgres/.bashrcで以下を追加します

PATH=”$PATH”:/usr/local/pgsql/bin
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export POSTGRES_LIB=”/usr/local/pgsql/lib -lssl”
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH=”$MANPATH”:$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH=”$LD_LIBRARY_PATH”:”$PGLIB”

を最後の行から追加して

source ~/.bashrc

で最適化をします

あとはPostgreSQLの初期化を行います

initdb
createdb test
postmaster -S -i でPostgreSQL サーバーの起動
psql –versionでバージョンを確認後
psql test
で起動を確認し
q
で終了してください

Tagged with:
8月 01

もともとOpenSSL は入っているんですけど
アップデートもかねてオープンソースを取ってきました

wget ftp://ftp.openssl.org/source/openssl-0.9.8.tar.gz
tar xvfz openssl-0.9.8.tar.gz
cd openssl-0.9.8
./config shared
make
make test
make install

これだけでは openssl にはアップデートされてないみたいです
# rpm -qa |grep openssl
openssl-devel-0.9.7f-7
openssl-0.9.7f-7

#openssl version
OpenSSL 0.9.7f 22 Mar 2005

そこで /etc/ld.so.conf に
/usr/local/openssl/lib
を追加
#ldconfig
で再構築すると
認識されるみたいです

Tagged with:
8月 01

とりあえず Apacheの構築通りインストールが完了しました

Tagged with:
7月 31

とりあえず インストールが終わったので アップデートをすることに

up2date rpm –import /usr/share/rhn/RPM-GPG-KEY up2date –nox –install –update

一通り終わったので

yum update

を行うと110個も  今日はアップデートしかできなさそう

Tagged with:
77 / 77« 先頭...102030...7374757677
preload preload preload