7月 11

研修が終わってOJTに入ったfedoraxです。

皆さんお久しぶりですfedoraxです。
2週間前にjoojooが届きまして、記事にしようと思いつつなかなかかけなくて、
ついに7月に入ってしまいました。

joojooとはいわゆるiPad対抗機で、Atom+IONを積んだ
UbuntuベースにFusionGate(FG)がUIをカスタマイズしてFlashとHD対応した
タブレットです。

こいつの発売がオンラインショップ限定で、6/1に到着予定が、
実際についたのは6/15日でした。

いまでも発送には遅れている模様で、いまだにjoojooのStandは届いていません。

メモリーは1GBでHDDは4GBのSSDを採用しています。
joojooのうりは、起動が7秒というぐらい、早いのですが、
残念な事に日本語には対応していません(対応予定って社長がいってたの)

しかも、当初外部ドライブの映像や音楽も開けない物でした。
(現在アップデートにより解消)

こんな使えない物はまな板である。

ということで、早速改造を開始してみました。

Tagged with:
6月 21

WordPress3.0が出たので、アップデートしました。

最近、ブログがかけてない。。。。ネタはいっぱいあるのにw

Tagged with:
6月 06

FedoraやUbuntuを使っていて、
外部ハードディスクや他のパーティションを開こうとすると

Authentication is requred to mount device

と表示されrootパスワードを要求される

これを回避して起動時にマウントする方法は
1.パーティションのUUIDを確認する

$sudo blkid /dev/[パーティション]

たとえば、”sudo blkid /dev/sda1″とすると

/dev/sda1: LABEL=”Share” UUID=”1861b7ff-242c-4504-94f6-501630959338″ TYPE=”ext4″

などと表示される。

2./etc/fstabに追加する。
blkidで確認したUUIDとtypeを/etc/fstabに追記する。

[/etc/fstab]
UUID=[UUID] /[マウントする位置] [TYPE] defaults 0 0

再起動かければパスワードが聞かれることなく
マウントできているはず

5月 16

遅くなりましたが、今週の月曜日に無事TuxDroidがドイツからやってきました。
Tux Droid arrived from Germany
Open it
front view
Side View
Under view
Behind view
head
accesary box

Tagged with:
5月 12

DVB版も入れたのですが、結局使いやすさでrecpt1を使ってしまっています。

さて、朝の連続ドラマをBS2の方で録画し始めました。
しかし、NHKならではのいろいろな問題が発生し、フォローしています。

まず、

recpt1 –b25 102 – – |mplayer –

で見れればいいのですが、見れない場合

recpt1 –b25 –lnb 11 102 – – |mplayer –

にして受信Vをあげてあげる必要があるかもしれません。
(火を噴く記事もありましたので、自己責任で)

これらの方法でBSが見れない方はあきらめてください。

では、録画したデータからBS2を抜き出してみましょう。

recpt1 –b25 102 5 bs2.ts

でbs2.tsができたと想定します。

まず、VLCでbs2.tsを開いてみると、なぜだかインターフェイスが2つ出て、しかもBS1が録画されていると思います。
BS1/BS2は複数の映像を1つの映像にまとめて、放送してるようなので、
DVDの様にプログラムを指定してあげる必要があります。
VLCの再生(L)->プログラム->NHK BS2を選択すると視聴することができます。

このBS2の分離にはいろいろなやり方があるみたいですが、
私はLinux版のtsspliter_liteを利用して、

./tsspliter_lite bs2.ts bs2.new.ts 102

で生成されたbs2.new.tsをVLCで視聴するとBS2だけになっていると思います。
たぶん音声も問題ないでしょう。

次に、番組と番組が変わる前から録画して上記の
“tsspliter_liteでBS2を分離する前のbs2.ts” があったとします。
例:連続小説ドラマを44分から録画した。

すると、番組が変わった瞬間音声がなくなってしまった。という場合に以下の行程を行います。
まず、mplayer -v bs2.ts >./bs2.log
(ログが大変なことになるので、容量注意)

ここで注目するのが

Checking for MPEG-TS…
TRIED UP TO POSITION 0, FOUND 47, packet_size= 188, SEEMS A TS? 1
GOOD CC: 24, BAD CC: 2
TS file format detected.
DEMUX OPEN, AUDIO_ID: -1, VIDEO_ID: -1, SUBTITLE_ID: -1,
Checking for MPEG-TS…
TRIED UP TO POSITION 0, FOUND 47, packet_size= 188, SEEMS A TS? 1
GOOD CC: 24, BAD CC: 2
BCAS card init succeeded.
card I/O thread started.
COLLECT_SECTION, start: 64, size: 184, collected: 0
SKIP: 0+1, TID: 0, TLEN: 29, COLLECTED: 184
PARSE_PAT: section_len: 29, section 0/0
PROG: 101 (2-th of 5), PMT: 496
PROG: 102 (3-th of 5), PMT: 752
PROG: 910 (4-th of 5), PMT: 6401
PROG: 929 (5-th of 5), PMT: 1793

このPROGのところそして、

VIDEO MPEG2(pid=256) AUDIO AAC(pid=272) NO SUBS (yet)! PROGRAM N. 101
==> Found video stream: 0

ADDED VIDEO PID 256, type: 10000002 stream n. 0

==> Found audio stream: 0

ADDED AUDIO PID 272, type: 4134504d stream n. 0

Opened TS demuxer, audio: 4134504d(pid 0), video: 10000002(pid 0)…POS=5452, PROBE=0

demux_ts, switched to audio pid 272, id: 0, sh: 0x316ca60

Searching for sequence header… ==> Found video stream: 1

ADDED VIDEO PID 6417, type: 10000002 stream n. 1

COLLECT_SECTION, start: 64, size: 184, collected: 184
SKIP: 0+1, TID: 130, TLEN: 39, COLLECTED: 184
==> Found video stream: 2

ADDED VIDEO PID 257, type: 10000002 stream n. 2

==> Found audio stream: 1

ADDED AUDIO PID 528, type: 4134504d stream n. 1

==> Found audio stream: 2

ADDED AUDIO PID 6418, type: 4134504d stream n. 2

==> Found video stream: 3

ADDED VIDEO PID 513, type: 10000002 stream n. 3

==> Found audio stream: 3

のあたりのaudio pid
これがVLCの音声トラック部分(オーディオトラック)の情報に相当します。

mplayer -sid 102 ./bs2.ts

を行うとBS1の映像で、音声はBS2になってないでしょうか?

これでもだめなら

mplayer -sid 102 -aid <上記のPIDを試す> ./bs2.ts

でいろいろ探してみてください。

これで、音声を探し当てたら

mplayer -sid 102 ./bs2.ts -vc null -vo null -ao pcm:file=bs2.wav:fast

でBS2の音声を抽出できると思います。

5月 09

/var/cache/abrtと/var/cache/abrt-di
が肥大化してきていたので何が原因が原因かしらべてみた。

すると自動バグレポートツール
(Fedora12ではバグが発生したときに出るアラートプログラム)
のレポートキャッシュが原因だった。

そこで、ABRTの送信待ちになっているキャッシュを削除したところ
肥大化が収まった。

5月 09

ffmpegをつかってiPhoneように映像を変換しようと

ffmpeg -i .m2v -i .aac -s 480×270 -vcodec libx264 -b 600k -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 128k -coder 0 -level 13 -nr 50 -threads 2 .mp4

とすると、

Unknown encoder ‘libfaac’

とエラーが出ている。
rpm-fusionにある

yum install faac faac-devel

をインストールしても変わらない。そこで
ffmpegを再構築するのが手っ取り早い模様。
以下記録

#yumdownloader –source ffmpeg
#yum-builddep ffmpeg-0.5-5.20091026svn.fc12.src.rpm
#rpm -ivh ffmpeg-0.5-5.20091026svn.fc12.src.rpm
#cd ~/rpmbuild/SPECS/
#rpmbuild -ba ffmpeg.spec –with faac
#cd ../RPMS/
#rpm -Uvh –force ffmpeg-0.5-5.20091026svn.fc12.x86_64.rpm \
ffmpeg-devel-0.5-5.20091026svn.fc12.x86_64.rpm \
ffmpeg-libs-0.5-5.20091026svn.fc12.x86_64.rpm

4月 30

最近、話題のクラウドコンピューティングなのですが
その意味をIBMのCMの様に、なんとなく理解していませんか?

クラウドコンピューティングの一番分かりやすいのがWebメールです。
誰もがどこでもどの端末からインターネットでWebメールを利用できる体系
これがクラウドコンピューティングなのです

利用者は、利用しているパソコンからインターネットを利用しているWebメールのパソコンと接続している状態、ドラえもんの道具でならば、
今いる場所と利用したい場所が一本の様に繋がっている体系こそが
コンピューターにクラウドコンピューティングなのです

4月 27

Linux(Fedora)で EarthSoftのPT2 (PT1)のDVB版を利用する例。

環境OS:Fedora 12 (64bit)
周辺機器:PT2, SCR310-NTT
kernel:2.6.32.11-99

まず、PT2のDVBドライバーをインストールします。

$hg clone http://bitbucket.org/hiranotaka/dvb-pt1/
で最新版のDVB-PT1を取得します。
(バージョン:3fd15032fd3a)
$cd ./dvb-pt1
$make
$sudo make install

再起動後PT2が認識されているか確認。

$dmesg |grep pt1
DVB: registering new adapter (earth-pt1)
DVB: registering new adapter (earth-pt1)
DVB: registering new adapter (earth-pt1)
DVB: registering new adapter (earth-pt1)

また
/dev/dvb/adapter[0-3]/ができている。
adapter 0,2:BS/CS
adapter 1,3:地デジ

もし認識されてない場合以下を実行。

$sudo depmod -a
$cd (dvb-pt1)/v4l/
$sudo insmod dvb-core.ko
$sudo insmod eatrh-pt1.ko
$reboot


http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0320.zip

からfuse_b25 v0.1.1をダウンロード
(fuseのバージョンが2.8以上であること。推薦:2.8.3
fuse-2.8.1では動かないという報告もあり。)

$./configure
$make
$sudo make install

http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0319.zip
からDVB用のアプリケーションセットをダウンロード

$cd dvb_apps_0.6/cmds
$sudo ./s2scan -a 1
trying freq:473142857 (tsid:0000)…locked..timeout/failed to get SDT.
・・・
trying freq:539142857 (tsid:0000)…locked..テレビ朝日:DTV_DELIVERY_SYSTEM=8|DTV_FREQUENCY=539142857:1064
テレビ朝日:DTV_DELIVERY_SYSTEM=8|DTV_FREQUENCY=539142857:1065
テレビ朝日:DTV_DELIVERY_SYSTEM=8|DTV_FREQUENCY=539142857:1066
ok.
・・・

の様に取れればOK

mplayer用のchannels.confを書き出します。

$sudo ./s2scan -a 1 > ./channels.conf

s2scanの結果が

trying freq:473000000 (tsid:0000)… FE set channel failed.

の場合は
/dev/dvb/adapter[0-3]/dvr0
がそのユーザで利用できないということです。(推薦:root)

最後に
http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/source/up0219.gz
をダウンロードして
一番最初のdvb-pt1のなかにdvb-pt1-testを入れます。

./dvb-pt1/dvb-pt1-test

s2scanで作った./channels.confを見ながら
dvb-pt1-testのtune.cの

static struct channel isdbt_channels[] = {

チャンネルとFREQUENCYの値を確認します。
例:tvk1を追加する場合

{ 3, "TVK", 503142857 },

tune.cをmakeして/usr/binにpathをリンクします。

$make
$sudo cp tune /usr/bin/

最後に視聴です。
tune [adapter N] [channel] &

$tune 1 3 (TVK 視聴)

tuneのプロセスを走らせた状態で

$mplayer -cache 8192 /dev/dvb/adapterN/dvr0

録画

cat /dev/dvb/adapterN/dvr0 > rec.ts

Tagged with:
4月 24

社会人になって初めての初給料
手取り19万円でした。

うちの会社は300人足らずの小さな会社だけど、大手企業のグループ会社だから
給料体型が同じなのだw

で、

初給料から購入したものは、
1:液晶テレビ:家族に

32A900S

うちには未だにアナログテレビだったので、
3/25にちに6万円で購入しました。(前倒しで)

2:Cordless Trackman Wheel
Cordless Trackman Wheel
4,500円

3:Hapy Hack Keyboard
HHKB Lite2 JIS
2,100円

4:Apple Wireless Keyboard
Apple Wireless Keyboard
4,500円

そして、
5:Tux Droid
Tux Droid
100ユーロ
ついに買ってしまった。

まだ届いてない(2週間ぐらいかかるらしい)
届いたらまた記事を書こうと思う

Tagged with:
preload preload preload