8月 29

みさんのバトンでちょっと気になったので本気で考えてみた。

内容は
あなたの携帯が俺様男に変化してしまいました。
しかもかなりイケメンです。どうやら伝えたいことがあるようですが……会話してみましょう!

というバトン
でも、俺は男なので、携帯が女になったらと想定して、考えてみた。

最近、擬人化で面白いなって思ったのはイヴの時間。
すべてを3Dで表現しているのにも関わらず、アニメ調は残してある。

内容はアンドロイドと人の共存なのかなぁ。。。
とりあえず、とある喫茶にはいるとアンドロイド達は人になる。

まるでちょびっツのように
いや、ちょびっツ以上に人との区別がつかない。
人と話したり感情をもつ

そんなストーリーだ。

あれが実現するのは難しいかもしれないが、
ちょびっツならありえないこともないと思っている。

某店にちょびっツ1/1フィギュアが売っているのをしっている(いた の過去形かもしれんが)
電車男がはやった時は深夜枠でも何回か紹介されている。

そのちょびっツに
お弁当箱(Mac Mini)を入れれば完成じゃないのか?
と、昔RedEyesと話したことが有るが、

もし、今なら、断然

iPhone を入れようぜ

理解できない人用に
まぁ簡単な話、人形の中にiPhoneをいれる。
ただそれだけ。

はい擬人化の完成。

なぜ、iPhoneにしたか
1.GPSやマイク、カメラ、スピーカなど様々な入出力。
2.Mac OS がBaseで開発が可能。
3.Dockコネクタからカスタマイズしたアプリケーションが作れる。

つまり、必要なところにオプションでセンサーなりプログラムされた回路をつくり
Dockコネクタに接続すれば、モータの回転も操作できるだろうし、
ソーラーパネルを取り付けて、充電したり、
非接触で充電する方法もMIT(マチャチューチェッチュ工科大学)が開発したみたいだし。

でも、本当に人形がしゃべりだしたら
初めて見た人はなんていうんだろうなぁ。。。。

Leave a Reply

 

preload preload preload