7月 27

iPhone3.0になり、テザリング機能が導入された。
この機能を利用して、Debian(Linux)とNepenthes(脆弱再現サービス)のパソコンを接続し
ネットワーク観測を行った。

PC:MSI U100 Plus
OS:Debian(Leny)
接続形態:Tethering over bluetooth (PAND)

iPhone:iPhone 3G 3.0(7A341) Release版
Carrier:softbank (softbank_jp)

–Debian(Linuxの設定)—
bluez-utils,buez-compat, bluez-gnomeをapt-getでインストール
MSI U100 PLUSのBluetoohのスイッチをON(Fn + F11)

システム=>設定=>bluetoothを起動
操作モード:他のデバイスから接続可能
一般のタブで
外部からの要求があったら自動的に認証
アイコンを常に表示

/etc/default/bluetoothを編集
vi /etc/default/bluetooth
PAND_ENABLED=0 => 1
PAND_OPTIONS=”” => “–role=PANU”

/etc/network/interfaceを編集
vi /etc/network/interface
iface bnep0 inet dhcp を追加

/etc/dhcp3/dhclient.confを編集
lease{
interface “bnep0”
option dmain-name-server 208.67.220.220, 208.67.222.222
}

bluetoothとnetwokサービスを再起動
/etc/init.d/bluetooth restart
/etc/init.d/networking restart

iPhoneでbluetoothのテザリングを有効
bluetoothをONにする

DebianでiPhoneを検出
hcitool scan
00:aa:bb:cc:dd:ee デバイス名
pand –connect 00:aa:bb:cc:dd:ee -n

iPhoneでPinコードとMSIでbluetooth-appletによるペアリングが行われるので
同じ番号を入力

うまくいけばiPhoneがテザリングモードになり、
ifup bnep0
でipアドレスをを取得する。

Leave a Reply

 

preload preload preload