2月 25

まずパッケージで必要なものをダウンロード
Fedora

yum install libnetfilter-queue-dev libnfnetlink-dev libnetfilter-queue1 libnfnetlink0 git git-core python python-dev

Debian

apt-get install libnetfilter-queue-dev libnfnetlink-dev libnetfilter-queue1 libnfnetlink0 git git-core python python-dev

カレントディレクトリーは

/usr/local/src/

で作業します。

libnetworkdをgitからダウンロードしてインストールします。

cd /usr/local/src/
mkdir libnetworkd
cd libnetworkd
git init
git remote add origin http://git.mwcollect.org/libnetworkd/
git pull origin master

autoreconf -v -i
./configure –prefix=/opt/libnetworkd/
make -j8
sudo make install

つぎにlibemuをインストールします。

cd /usr/local/src/
mkdir libemu-git
cd libemu-git
git init
git remote add origin http://git.mwcollect.org/libemu
git pull origin master

autoreconf -v -i
./configure –prefix=/opt/libemu/
make -j8
sudo make install

pythonをbindingする場合一度通常でインストールしてから以下を実行する。

./configure –prefix=/opt/libemu/ –enable-python-bindings
cp bindings/python/setup.py bindings/python/setup.py.orig
sed -e ‘s/${prefix}/opt\/libemu/’ bindings/python/setup.py > bindings/python/setup.py.tmp
sed -e ‘s/${exec_prefix}/\/opt\/libemu/’ bindings/python/setup.py.tmp > bindings/python/setup.py
rm -f binfings/python/setup.py.tmp
make -j8
sudo make install

もしmakeで以下が出る場合は、ほとんど
libemu/bindings/python/setup.pyの

include_dirs = [‘/opt/libemu/include’],
library_dirs = [‘/opt/libemu/lib’],

のinclude_dirsとlibrary_dirsのエラーです。

gcc -pthread -fno-strict-aliasing -DNDEBUG -g -fwrapv -O2 -Wall -Wstrict-prototypes -fPIC -I${prefix}/include -I/usr/include/python2.5 -c libemu_module.c -o build/temp.linux-i686-2.5/libemu_module.o
libemu_module.c:29:20: error: Python.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
libemu_module.c:30:21: error: emu/emu.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
libemu_module.c:31:31: error: emu/emu_shellcode.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
libemu_module.c:38: error: expected specifier-qualifier-list before ‘PyObject_HEAD’
libemu_module.c:45: error: expected ‘=’, ‘,’, ‘;’, ‘asm’ or ‘__attribute__’ before ‘*’ token
libemu_module.c: In function ‘libemu_Emulator_dealloc’:
libemu_module.c:68: error: ‘libemu_EmulatorObject’ has no member named ‘emulator’
libemu_module.c:70: warning: implicit declaration of function ‘emu_free’
libemu_module.c:70: error: ‘libemu_EmulatorObject’ has no member named ‘emulator’
libemu_module.c:71: error: ‘libemu_EmulatorObject’ has no member named ‘emulator’
libemu_module.c:74: error: ‘libemu_EmulatorObject’ has no member named ‘ob_type’
libemu_module.c:74: error: ‘PyObject’ undeclared (first use in this function)
libemu_module.c:74: error: (Each undeclared identifier is reported only once
libemu_module.c:74: error: for each function it appears in.)
libemu_module.c:74: error: expected expression before ‘)’ token
libemu_module.c: At top level:
libemu_module.c:77: error: expected ‘=’, ‘,’, ‘;’, ‘asm’ or ‘__attribute__’ before ‘*’ token
libemu_module.c:99: error: expected ‘=’, ‘,’, ‘;’, ‘asm’ or ‘__attribute__’ before ‘libemu_EmulatorMethods’
libemu_module.c:105: error: expected ‘=’, ‘,’, ‘;’, ‘asm’ or ‘__attribute__’ before ‘libemu_EmulatorType’
libemu_module.c:148: error: expected ‘=’, ‘,’, ‘;’, ‘asm’ or ‘__attribute__’ before ‘LibemuMethods’
libemu_module.c:152: error: expected ‘=’, ‘,’, ‘;’, ‘asm’ or ‘__attribute__’ before ‘initlibemu’
error: command ‘gcc’ failed with exit status 1
make[3]: *** [all] エラー 1
make[3]: ディレクトリ `/home/kog/libemu-git/bindings/python’ から出ます
make[2]: *** [all-recursive] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/home/kog/libemu-git/bindings’ から出ます
make[1]: *** [all-recursive] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/home/kog/libemu-git’ から出ます
make: *** [all] エラー 2

最後にmwcollectdのインストール

cd /usr/local/src/
mkdir mwcollectd-git
cd mwcollectd-git
git init
git remote add origin http://git.mwcollect.org/mwcollectd/
git pull origin master

autoreconf -v -i
./configure –prefix=/opt/mwcollectd –with-libnetworkd=/opt/libnetworkd –with-libemu=/opt/libemu
make -j8
sudo make install

以上でインストール終了です

iptables -A INPUT -p tcp -j NFQUEUE
sudo /opt/mwcollected/sbin/mwcollectd -l

で起動できます。

Tagged with:
2月 15

MSからのXPセキュリティパッチMS10-015を適用すると
起動->シャットダウン->起動->シャットダウンを繰り返すようだ。

現在このパッチは配布が停止されているが、
こういうパッチを平気で出すMSは考え物だ

ただでさえこういうことがある為に、WindowsUpdateの停止してしまい
ウイルスにかかる率が多くなるのに、

MS08-067が典型的な例だし、Nepenthesを利用するとゴロゴロウイルスが飛んでくる。

こういう自体があるからLinuxは安心だと思ってしまう。

11月 12

まず、はじめにこのウイルスはJailBreakしてないiPhoneには感染しません。

オーストラリアから登場したiKeeはJailBreakしたiPhoneに対して、
SSH通信によって[デフォルトのパスワード]から侵入され、
壁紙などの変更だけでなく。

次に出たのは、ほぼすべての個人情報を引き抜かれます。

この問題に対して、個人の意見として、
そもそも、iPhoneには直接インターネットが接続されていること、

SSHのデフォルトパスワードによって感染するが、
たぶんそのうち総当たり攻撃を行って感染するのも出るでしょう。

なので、もし、JailBreakしている人がいるなら今すぐ戻しましょう

Tagged with:
5月 23

昨日の熱がまだ下がらなかったので今日は家で安静にしていました。

そんな時、面白い記事を見つけました。
「Mixi 音楽でつながるサービス」
これはLast.fmもやっている今聞いている曲の情報をMixi内で表示することのできるサービスで
i-TunesやWindowsMediaPlayer(WMP)からでも専用のソフトをインストするだけで
ソフトが自動的に曲情報を取得して表示してくれる

ただ、自分はこれでサーバが倒れないか心配
なぜならMixi登録者がいっせいに曲を聞いたと仮定し、
曲は1分のもあれば3分のものもあるがほとんどが数分でおわってします

つまり数分後またアクセスされる。
これが集中するとDos攻撃に近いものになるのではないだろうか

しかしこれに打つ手がないわけではない。
それは一定の期間キャッシュして送信するもの
これにより、数分単位から数時間や数日と延ばせることができる。
ただこれをすると、Mixi内での表示がおくれてしまう。

なんにせよ6月からはじまるこのサービスに興味をそそられる。

Tagged with:
5月 20

YouTubeというサイトを知っているだろうか?
ユーザーがムービーなどをアップロードして
誰でも見れるというサイトでアメリカに本地をおいている。

しかし、ページは英語で書かれているものの
日本人ユーザーも多く、PVをはじめアニメやLiveからあらとあらゆる動画がおいてあり、

はっきり行ってしまうと 著作権 を著しく侵害している。
もちろん映画だってある(数分後とに分割されているものの)

このような状況に何も行ってこないのが不思議でたまらない・・・
なぜならP2Pによる映像の交換は著しく反発しているのに・・・

今後の対応がますますきになってしまう。

P.S.逆に言うともしアニメを見逃したり、昔やってたアニメがみれますよ〜(画質が汚いですが

Tagged with:
4月 07

固定パスワードだと盗まれたときに困る人も多いはず

そこでウチの神奈川工科では特殊で
位置を覚えて入力する形式をとっている
たとえば
2|3|3|
4|5|9|
1|8|6|
なばあい
左下=>左上=>右
とイメージを覚えて
14233
というパスワード

7|3|8|
3|9|5|
4|1|9|
の場合
同じように打つと
43738
となり
場所による認証形式をとっているわけ

で俺はこれを真似したのを作ろうと思います。
もちろん重複して覚えてもちゃんと認識します

いま約半分以上できているので
多分土日までには公開できると思うので
ぜひやってみてください。

Tagged with:
3月 15

今日こんなニュースを見つけた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060315-00000009-zdn_ep-sci
どうやらユーザーのHDDのファイルにパスワード付きZipにしてしまうトロイで
このパスワードを解除してほしければ金をよこせ というものだそうだ

これを見て馬鹿だなぁと思う人は多いだろう
なぜならUGにはふつうにZipパスワードをといてしまうツールが存在するからだ
このようなトロイを作っても無意味だと俺は思う・・・

Tagged with:
2月 03
$dir_c=$dir;
$tmp=explode("/",$dir_c);
$c=count($tmp);
for($i=0;$i<=$c-2;$i++){
$tmp2=$tmp2.$tmp[$i]."/";

階層で区切り配列に挿入後一つ減らして書き出す

Tagged with:
1月 10

ソース

<script language="JavaScript">
<!--
function cut(){
data=document.form.text.value;

while(data.match(/</m) || data.match(/>/m) || data.match(/"/m)){
data=data.replace(/</,"<");
data=data.replace(/>/,">");
data=data.replace(/"/,""");
}
document.form.text2.value=data;
}
//-->
</script>

<form name="form">
ソース:<br>
<textarea name="text" rows="7" cols="50"></textarea>

<br>
実行結果:<br>
<textarea name="text2" rows="7" cols="50"></textarea>
<br><input type="button" value="実行" OnClick="cut();">
</form>
Tagged with:
preload preload preload