2月 25

mkdir /usr/local/src/python3
cd /usr/local/src/python3
wget http://www.python.org/ftp/python/3.1.1/Python-3.1.1.tgz
tar xvfz Python-3.1.1.tgz
cd Python-3.1.1
./configure –prefix=/opt/python3
make -j8
sudo make install

/opt/python3/の配下にインストールされます。
必要に応じてパスを通してください。

ln -s /opt/python3/bin/python3-config /usr/bin/python3-config

Tagged with:
2月 23

どうやら、19以降ivtv-i2c.cの630行目あたりにある

	/* Instantiate the IR receiver device, if present */
	if (retval == 0) {
		struct i2c_board_info info;
		/* The external IR receiver is at i2c address 0x34 (0x35 for
		   reads).  Future Hauppauge cards will have an internal
		   receiver at 0x30 (0x31 for reads).  In theory, both can be
		   fitted, and Hauppauge suggest an external overrides an
		   internal.

		   That's why we probe 0x1a (~0x34) first. CB
		*/
		const unsigned short addr_list[] = {
			//0x1a,	/* Hauppauge IR external */
			0x18,	/* Hauppauge IR internal */
			0x71,	/* Hauppauge IR (PVR150) */
			0x64,	/* Pixelview IR */
			0x30,	/* KNC ONE IR */
			0x6b,	/* Adaptec IR */
			I2C_CLIENT_END
		};

とコメントアウトされているようになった。
これで、カーネルアップデートごとに再コンパイルしていた手間が省ける。

(2.6.31.12-174.2.19以下ではここをコメントアウトしないと音がでません。)

1月 17

Fedora 10 以下ならば以下のコマンドでVNC serverが入ったんですが、
yum install vncserver
Fedora 12では
yum -y install tigervnc-server
にかわったらしい

Tagged with:
12月 11

クリーンインストールした状態で、
視聴するためのmplayerをインストール。
デフォルトではインストールできないため、rpmforgeからもってくる。

root #wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
root #rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
root #rpm -i rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.*.rpm
root #yum install mplayer

つぎはivtv0.8.2の作業

root #mkdir ivtv
root #cd /usr/local/src/ivtv
root #wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/saa7115p.tar -O saa7115.c
root #wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/tvaudiop.tar -O tvaudio.c
root #wget http://www.macmil.co.jp/macmil/dat/kbuil082.tar -O Kbuild
root #wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/archive/0.8.x/ivtv-0.8.2.tar.gz
root #tar xvfz ivtv-0.8.2.tar.gz
root #cp *.c ivtv-0.8.2/i2c-drivers/
root #cp Kbuild ivtv-0.8.2/i2c-drivers/
root #cd ivtv-0.8.2
root #make
root #make install
root #cp i2c-drivers/saa7115.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/media/video/
root #cp i2c-drivers/tvaudio.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/media/video/

つぎにGV-MVP/RX2のドライバをCDからではなく
バージョンの新しい http://www.ivtvdriver.org/ を利用する。

root #cd /usr/local/src/ivtv/
root #wget http://dl.ivtvdriver.org/ivtv/firmware/ivtv-firmware-20070217.tar.gz
root #tar xvfz ivtv-firmware-20070217.tar.gz
root #cp -p v4l-cx2341x-* /lib/firmware/
root #chmod 744 /lib/firmware/v4l-cx2341x-*
root #depmod -a

これでおしまい。
最後にGV-MVP/RX2を認識させ、動作確認を行う。

root #modprobe i2c-core
root #modprobe i2c-algo-bit
root #modprobe tuner
root #modprobe saa7115
root #modprobe videodev
root #modprobe upd64031
root #modprobe upd64083
root #modprobe ivtv tuner=46 ntsc=j
root #chmod go+rw /dev/video0

とりあえず12chでも映してみる。

root #ivtv -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 12
root #mplayer /dev/video0 -cache 8192

自分はコンポジット(黄、赤、白の入力)も使うので、

root #v4l2-ctl -d /dev/video0 -i 2
root #mplayer /dev/video0 -cache 8192
Tagged with:
12月 11

Crystal のOSをFedoraからCentOSに変更しました。
というのもGV-MVP/RX2とPT2を積んでいて、安定して録画作業が
できるようにするためにkernel 2.6.18のCentOS 5.4を選択しました。

Tagged with:
12月 02

ちゃんとインストールしたはずなのに、ネットワークがうまく起動しない。
どうやらPS2Linuxは50000を書いていないということはこういうことか。

つまり、PS2Linuxは純正のPCICMAカードのものじゃないと対応してないらしい。
だが、サポートフォーラムにsmapを再構築すればいいらしい。。。

http://playstation2-linux.com/project/shownotes.php?release_id=68

Tagged with:
12月 02

PS2 Linuxを昨日オークションで手に入れた。
ジャンクで、HDDが壊れていると書いてあったけど、HDDを取り出しマウントさせると問題なかった。

ちなみにPS2Linuxの環境を
PS2本体:SCPH-50000 ブラック。
オプション:PlayStation BB Unit (EXPANSION BAYタイプ 40GB) SCPH-10400

ちなみに、PS2Linuxは公式では50000は対応とは書いてないけど
ユーザー情報によると入る模様。

早速ほこりのかぶったPS2を掃除して、
PS2LinuxについてきたVGAケーブルをPCモニタをつけると
周波数が合わないらしく移すことができない。

そこで、テレビモニタにつけてPS2起動すると
PS2Linuxの画面が出てこない。。。。あれ?W

やっぱりジャンクかと思い、PS2Linux Disc1を入れて
VGAにさしなおしてみると、PS2Linuxの画面が映っていた。

ただいまインストール中。。。

Tagged with:
2月 12

学校用(Panasonic CF-W4)にFedoraCore6(以下FC6)をのせ
kernel(2.6.19-1.2895.fc6)で無線LANを構築しようと思う。

何もない状態でFC6をいれた状態で無線LANを使用しても何もできず、
[ipw2200デバイスipw2200は存在しないようですので、初期化を遅らせます] してERROR扱いになってしまいます。

ここからはmobtが構築したメモなので
Kernelのバージョンやieee80211 ipw2200などが違えば動かないかもしれませんが
ご了承ください。

とりあえずあまりパッケージは好きではないのだが
ソースファイルからやるには知識がないので

ここではパッケージを利用した構築方法で行う。
まずは
uname -r
でkernelのバージョンを知ってほしい。
そして

yum install kernel-devel

も完了させた状態にしておく。

始めにhttp://atrpms.net/dist/common/ipw2200-firmware/から
ipw2200-firmware-3.0.9.at.noarch.rpm

http://atrpms.net/dist/fc6/ieee80211/から
ieee80211-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
ieee80211-devel-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
ieee80211-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.16-17.fc6.at.i586.rpm
ここでの1.2.16-17が今回のieee80211のバージョンになる
そのためdevelやkmdlのバージョンも一致しないと動かないので注意して欲しい。
またFC6のほとんどがi386やi586系である(i686も可)のでこれ以外を使用すると
うまくいかないこともある。

http://atrpms.net/dist/fc6/ipw2200/から
ipw2200-1.2.0-45.1.fc6.at.i386.rpm
ipw2200-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.0-45.1.fc6.at.i686.rpm

を入手

rpm -i ipw2200-firmware-3.0.9.at.noarch.rpm
rpm -i ieee80211-devel-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
rpm -i ieee80211-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.16-17.fc6.at.i586.rpm
rpm -i ieee80211-1.2.16-17.fc6.at.i386.rpm
rpm -i ipw2200-kmdl-(カーネルのバージョン).fc6-1.2.0-45.1.fc6.at.i686.rpm
rpm -i ipw2200-1.2.0-45.1.fc6.at.i386.rpm

これで
ifup eth1(無線LANのデバイス名)
で起動できればOK

iwconfig eth1
で詳細な情報や、
iwconfig scan eth1
でスキャンもできる。

Tagged with:
1月 15

fast Downlaod libjpeg

wget http://www.ijg.org/files/jpegsrc.v6b.tar.gz
tar xvfz jpegsrc.v6b.tar.gz
cd jpeg-6b
./configure --enable-shared
(if you running Mac and installed X11 you must do it.)
ln -s /usr/bin/glibtool libtool
make
sudo make install

next Download zlib

wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.3.tar.gz
tar xvfz zlib-1.2.3.tar.gz
cd zlib-1.2.3
./configure
make
sudo make install

next Download libpng

wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/libpng/libpng-1.2.15.tar.gz
tar xvfz libpng-1.2.15.tar.gz
cd libpng-1.2.15
./configure
make
sudo make install

next Download freetype

wfet http://download.savannah.gnu.org/releases/freetype/freetype-2.1.10.tar.gz
tar xvfz freetype-2.1.10.tar.gz
cd freetype-2.1.10
./configure
make
sudo make install

final Download GD

wget http://www.boutell.com/gd/http/gd-2.0.33.tar.gz
tar xvfz gd-2.0.33.tar.gz
cd gd-2.0.33
./configure
make
sudo make install

(PHP) ./configure --with-gd
Tagged with:
12月 08

yum をUPDATEしていたらERRORを吐いた

ERROR: python-devel conflicts with python < 2.4.4-1.fc6 yum でremoveしてinstallしなおしてみたが 結果は変わらず。。。 でいろいろ調べた結果 キャッシュデータにエラーがあることが判明 yum clean all これでなおった

Tagged with:
1 / 41234
preload preload preload